« 11月前半の日記 | トップページ | 11月後半の日記 »

サンクスツアー兵庫ふたたび

11月21日(土)と22日(日)、尼崎スポーツの森アイススケートリンクへ、浅田真央サンクスツアー兵庫公演(162回と164回)を観に行ってきました。

202011_1

チケットがとりにくいショーなので、2日ある公演のどちらか当たればいいやと思って両方申し込んだら、両方当たりました。コロナ禍で自重している人が多かったのでしょうか。兵庫県民枠で申し込んだところ、21日はS席(前から2列目)、22日はSS席(最前列)が当たってしまった! サンクスツアーのマスクをして(不織布マスクの上に重ねづけ)、バナータオルも用意して(声援禁止なので)、準備万端かつ感染予防対策万全で、夢のような2日間を過ごしてきました。

202011_2

これが2日目の最前列からのながめ。スクリーンの下から演者のみなさんが出入りするんです。開演前のバックの声(円陣くんで「やっ!」ていう掛け声)や、ウォームアップで氷の上を滑る音も聞こえていました。

オープニング、マントを頭からすっぽりかぶった真央ちゃんが登場してきただけで泣きそうになりました。先が見えない状況を表しているんですよね。そこから、ぱっと照明も衣装も明るくなって、「This Little Light of Mine」がはじまる。真央ちゃん自身が悩んでいたときのことを表してはいるものの、いまの状況も重なって、暗闇の先に明かりがともる日はきっと来るという気持ちになりました。

……と1曲1曲、この調子で感想を書いていると、えらい長文になるのでこのくらいにしますが、とにかく、兵庫県の感染者数も急に増えてきたときだったので、ぶじに開催されてよかったです。真央ちゃん、無良くんはもちろん、渚ちゃん、誠也、エルニ、はるかちゃんなど、ほかのメンバーもすてきでした。仮面舞踏会のくるくる舞うフォーメーションをはじめ、どの曲も催眠術的な効果でもあるのか、頭がどんどん別世界にいってしまい、しばらく現実にもどれませんでした。

ほんとうは今年の10月で終わるはずだったサンクスツアー、コロナで中止や延期になった会場もあり、終了は来年の春まで延期になったみたいです。2018年11月の広島、2019年9月の兵庫、2020年1月大阪で見て、今年の8月は滋賀と栃木公演をオンライン視聴しました。そして、この2日間の兵庫がおそらく見おさめになると思いますが、これはなにかのごほうびか?!と思うような良席で、氷を削る音、風を切る音も聞きながら、ついでにいえばエッジで削れた氷が散るのも見え、真央ちゃん、無良くんをはじめみなさんの表情もばっちり見え、もう思い残すことはありません。真央ちゃんが日本中にありがとうを届けるツアーというコンセプトですが、こちらこそ、ありがとうといいたい。正直、終わってしまうとさびしい。

Photo_20201205175501

ツアーマスク兵庫限定カラーを会場で購入しました。客席でつけたのはカラフルな花柄のツアーロゴのマスクです(Bさんに譲っていただきました。ありがとう!)

202011_3

フィナーレではスタオベ。みなさん、声は出さず、うちわやバナーを掲げていました。わたしはサンクスツアーのロゴタオルと無良くんのバナータオル、シュタイフのむらっくまで激賞。リンク巡回のときに、目があって目礼されたよー。

|

« 11月前半の日記 | トップページ | 11月後半の日記 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 11月前半の日記 | トップページ | 11月後半の日記 »