« 10月前半の日記 | トップページ | 10月に観た映画 »

10月後半の日記

もう11月ですか、そうですか。10月後半の日記を書いておきます。

10月末にむけて、わりと地味な作業をもくもくとやっていました。マウスをずっとにぎっているせいか、右肩、右腕、右手がなんかずっと痛い感じでしたね。五十肩かなと思いましたが、お風呂に入ってあたため、寝て、起きたら治っているので、やっぱりマウスひじ(?)だったのかな。

10月後半はとくにお出かけなどなく、佐野さんアルバム関連プロモで、ラジオ出演が続いたので、Radikoで追っかけるのが忙しかったです。

10月21日は、7月から続いている月1の佐野さんフィルムライブ配信。1991年4月WOWOW開局記念に放送された「佐野元春with The Heartland アンプラグドライブ『Goodbye Cruel World(さようなら残酷な世界)』」を視聴。いやあああ、これは貴重なすごいライブ映像でした。ブルーレイ発売してくれたら買うけど、たぶんそれはないだろうな。

10月30日、佐野元春&The Coyote Bandの新曲『合言葉 Save it for a sunny day』リリース。さっそくiTunesで購入し、ヘビロテ中です。気持ちがふさいできて、うつうつしてきたときに聴くと効果絶大です。

……元春関連ばかりかよ。

そんなことありません。

10月30日、温又柔さん、小竹由美子さん、小林エリカさん鼎談「痛みがフィクションに生まれ変わるとき」(本屋B&B主催)をオンライン視聴。温又柔さんの『魯肉飯(ロバプン)のさえずり』を読んで、感情をゆさぶれた直後で、お三方の言葉が胸にしみました。世にいわれる「常識」や、すりこまれてきた「○○はこうするものだ」という呪いが、わたしを支配していて、ふりはらっても、また顔を出してくるのです。この日、お三方から聞いた言葉がその呪いをときほぐしてくれました。言葉は大切、言葉に救われると再認識しました。

季節の写真はこれくらいしか撮ってなかった。首にまいたバンダナがハロウィーン柄なんですよ。

Img_7977

|

« 10月前半の日記 | トップページ | 10月に観た映画 »

音楽」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 10月前半の日記 | トップページ | 10月に観た映画 »