« 今年の帰省は | トップページ | ZOOM読書会 »

映画2本だて

1日、1週間があっというまにすぎていきます。
先週の日記。藤原竜也ファン友さんと、「おうちでたつ活」2回目をおこないました。今回はコロナ感染予防対策として、換気と、アルコールによる手指消毒も追加。

映画『バトル・ロワイアル』(2000年)と『バトル・ロワイアルⅡ〜鎮魂歌(レクイエム)』(2003年)の2本を鑑賞しました。
『バトル・ロワイアル』は藤原竜也くん初期の主演映画で、中学生同士が殺しあうという問題作としても有名な映画ですが、観る機会がありませんでした。なんだかこわそうだし、ちょっと敬遠もしていたかも。実際に観てみると、中学生たちは喜んで殺しあっているわけではなく、大人たちに強制され、追いつめられて変貌していく(変貌しない子もいますが)のだとわかりました。20年前の映画ですが、いま活躍中の役者さんがいっぱい出ていました。柴崎コウさんが目立っていましたね。山本太郎さんは留年したという設定でしたが、中学生にも高校生にも見えなかった。藤原竜也くんは当時、たぶん18歳。若かったねー。小学生のときの思い出シーンがあって、かわいかったです。テーブルにひじをついて、小さく見せてた。

3年後の続編は、中学生同士の殺しあいはあかんという配慮がなされたものと思われますが、そのぶんストーリーがぼやけちゃった感じ。テログループのリーダーになった七原秋也、ビジュアルはかっこよかったです。このテログループは、前作で殺し合いを強制してきた大人たちに反発するグループなわけです。大人たちはまた中学生を連れてきて、このテログループの七原を殺せと命じる。銃撃戦のシーンが多くて、だんだん集中力もなくなってきて、ちょっと眠くなってしまいました。

ひとりで観るのはこわかったので、Kちゃんといっしょに観られてよかったです。
また次回も「おうちでたつ活」できますように。ありがとうございました。

(おまけ)写真は本文とは関係ありません。トリミング後、さっぱりきれいにしてもらったワンコさん。よそ行きの顔(笑)

Photo_20200829141301

|

« 今年の帰省は | トップページ | ZOOM読書会 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今年の帰省は | トップページ | ZOOM読書会 »