« 7月後半へ | トップページ | 7月に読んだ本 »

7月に観た映画

7月に観た映画は5本。

『メアリーの総て』(2017年製作) これは『フランケンシュタイン』の作者であるメアリー・シェリー(エル・ファニング)が、この名作を執筆するまでを描いた映画。『ボヘミアン・ラプソディ』でロジャー・テイラーを演じていたベン・ハーディーが出ていて、うれしかった!

『泣き虫しょったんの奇跡』(2018年製作) 実在するプロ棋士、瀬川晶司さん(松田龍平)の映画。子どものころから将棋が好きで、ずっとプロを目指してくるのですが、26歳がタイムリミットなんですね。「何者か」にならないといけないプレッシャー、観ていても身につまされた。途中、何度も泣いてしまいました。野田洋次郎が、少年時代、一緒に将棋にあけくれていた隣家の子で、大事な役でした。藤原竜也くん、5秒ほど出演しています。

『ヘイト・ユー・ギブ』(2018年製作) 原作本がとてもよくて、先日、息子が家に帰っていたときに、ちょうどニュースでBlack Lives Matterのことなど見て話題になったので、「読め」と本をすすめたところでした。映画も観せればよかったか。どうしても映画になると駆け足になってしまうのですが、うまくまとまっていて、やはり何度も泣いてしまいました。

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』(2019年製作) ディカプリオとブラピ共演、タランティーノ監督で話題になった映画ですね。1969年8月に実際に起きたシャロン・テート殺人事件について、ざっと調べてから観ました。事件を知らない人はそうしたほうがいいです。ディカプリオが落ち目の俳優役で、ブラピは長年、その俳優のスタントをしてきた男(ほぼ親友)の役。ディカプリオがオワコンを自覚しながら、もがいて、泣いて、がんばる姿に共感(笑)。ブラピもいいやつで、ふたりの仲良しっぷりがたまらん。

『ファイティング・テンプテーションズ』(2003年製作) ゴスペルの映画。ストーリーはともかく、音楽がいい。ビヨンセが出てた。

 

|

« 7月後半へ | トップページ | 7月に読んだ本 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 7月後半へ | トップページ | 7月に読んだ本 »