« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »

2019年11月

ソウルボーイへの伝言2019

11月23日、佐野元春&THE COYOTE BAND「ソウルボーイへの伝言2019」ライブへ行ってきました。

場所は神戸ハーバースタジオというところ。はじめて行きました。地下鉄のみなと元町駅から徒歩5分くらい。ポートピアホテルの隣でした。三宮から歩けるでしょと言われそうだけど、スタンディングライブのため、厚底靴をはいているし、体力温存しておきたくて、地下鉄を使いました。

Photo_20191129131801

5時半開場、6時開演。入場整理番号が、A222と223でした。はじめてのライブハウスで、勝手がわかりませんでしたが、番号順に入場して、自分で立ち位置を確保するような感じでした。運よく、フロア後方で段が高くなっている場所の最前をキープできたので、よく見えました。ギターのあっきーと深沼さんはときどきお立ち台にのぼってくれたし、佐野さんも後半は台にのぼってくれました。もちろん、足下は見えないですけれど。どんな靴をはいていたのか、など不明(ええねん、そんなことは)。ドラムの小松シゲルさんは残念ながらステージの奥のほうだったのでぜんぜん見えませんでした。

セトリです。

ヤア! ソウルボーイ/境界線/君が気高い孤独なら/ポーラスタア/私の太陽/紅い月/いつかの君/La Vitta e Bella/愛が分母/新曲 タイトル未定/新しい雨/純恋(すみれ)/禅ビート/優しい闇

(アンコール1)インディビジュアリスト/哀しきレイディオ

(アンコール2)ガラスのジェネレーション/彼女はデリケート メドレー

だいたい2時間くらいで終了しました。小さいライブハウスで、ものすごくもりあがりました。最近ほとんどやってなかった「ガラスのジェネレーション」が! 「40年前の曲をまだ歌えるってすごくない?」と言いながら、ちょっと照れてるような、こそばゆいような笑顔で歌ったのがかわいかった。

神戸でのライブは6年ぶり。6年前の2013年の1月、神戸国際会館でした。ちゃんとブログを書いてました→http://chicoco.cocolog-nifty.com/nikki/2013/01/winter-tour-201.html

6年前にも言っていたのと同じようなことを今回のライブでも言っていました。こうして、ここに集まれて、ライブの時間を共有できたことは、ひとつの奇跡であるというようなこと。じーん。

さて、来年は佐野元春デビュー40周年です。周年というとおめでとうと言われるお祝いのように思われがちだけれど、ぼくはファンのみなさんにありがとうとお礼を言う周年にしたい、というようなことも言ってました。じーん。

帰りに三宮駅近くで晩ご飯。

Photo_20191129134501

 

書き忘れてたけど、秋にアルバム『或る秋の日』が出ています。これはTHE COYOTE BAND とは別に、佐野元春ひとりのクレジットで発売されたものです。そのため、今回のライブでは演奏されませんでしたが、せつない大人の心にしみる曲が収録されています。もうすぐ秋が終わるけれど、クリスマスソングも入っているのでまだしばらく聞いていたい。

Photo_20191129135001

 

 

 

 

| | コメント (0)

ワンコ快復とY賞

この2、3週間、ワンコの調子が悪くて心配しましたが、ようやく快復したようです。よかった! 病院への往復、薬、検査、処置、餌を食べなくなる……など大変でしたが、もろもろ落ち着きました。ほっとしたわ。病院も薬も、おかあさん、いやなことばかりするって思ってただろうけど、信頼関係も回復したと思います。体調が悪いのでトリミングの予約を2回キャンセルしなくてはならず、毛がぼさぼさにのびています。なかなか予約がとれないので、来月頭までぼさ犬のままです。眠っているときにこっそり目のまわりだけ、わたしが切りました。おかんの散髪。

さて、その2、3週間、Y翻訳クラブのY賞投票直前、かけこみで新刊の絵本と読み物をどんどん読みました。投票した上位はこんな感じ(写真)。結局、かけこみで読んで投票したのは、このなかでは『ゴースト』だけですが、その『ゴースト』がとてもよかったんです! 主人公の少年が毎晩母ちゃんが好きなロマンス映画をいっしょに見るシーンとか、きゅんとくる(同じ部屋にいるからいっしょに見ることになっちゃうだけなんでしょうけど)。

2019_20191119123001

選書がかたよっているとの意見もあるかもしれませんが、Y賞投票は毎年のお祭りみたいなもので、超個人的好みで選んでもいいのだ! 参加することが大事。(と、自分を納得させています)とはいえ、積ん読になっている本や、気になりながら未読のままになっている本もいっぱいあるので、ごめんなさい。

 

| | コメント (0)

友の発表会

11月10日。友人の音楽発表会へ行ってきました。多才な友はヴァイオリンのアンサンブルに、ソロに、ピアノ連弾にと、大活躍です! ビバルディから山田耕作、ドラクエ、海賊、シンデレラ、MISIAと曲もバラエティに富んでおりました。彼女が出ない演目もよかった。大人になって音楽を楽しみながらがんばっているみなさんの様子を見て、わたしもがんばろうと思うのでした。また来年も発表会、お知らせくださいね。

発表会会場がある公園、きれいに紅葉していたのだけれど、場所と時間がうまくタイミングあわず、写真をとれませんでした。数日後、いつもの犬の散歩道でぱちり。

2019_20191117212701

いただいたチョコで、帰宅後ひとりでお茶タイム。ありがとうございました。

20191110

 

| | コメント (0)

オリエント急行終了

11月6日。6月から受講してきたアガサ・クリスティの『オリエント急行殺人事件』を英語で読む講座が終了しました。原書を読み、訳書を読み、ラチェット=ジョニデ版映画を見て、最後はデヴィッド・スーシェがポワロを演じたイギリスのドラマシリーズのオリエント急行殺人事件を見て、ついにゴール! 毎週、2、3章読んでいき、サマライズを用意していくのはなかなかタフでしたが、いますばらしい達成感があります! 来年の4月には新講座開講予定とのことなので、そのとき自分の状況がどうなっているかはわかりませんが、できるだけ受講したいと思っています。

さて、この講座がなければ知り合いになることがなかったであろう受講者のみなさんとお別れ会をしました。わたしを含めて6名です。いつもはできるだけ英語で会話をするようにしていますが(←たてまえ)、お別れ会では日本語でおしゃべりしました(先生も日本語堪能なのです)。4月にまたお会いできますように。

Pizzeriaen

(おまけ。最近、このブログで朝ドラ『スカーレット 』ええですね、と書いたばかりですが、ちょっとつらくなってきたので、しばらく見るのやめます。ずっと大阪編がよかった。でも、それだと陶芸家になれへんけど)

| | コメント (0)

10月に観た映画

10月は、『イエスタデイ』『人間失格』『プロメア』を劇場へ観に行きました。感想は個別にアップ済みです。

ほか、『オリエント急行殺人事件』2017年版を家で観ました。講座で原書を読了し、訳書もあわせて読み終えてからの映画鑑賞です。これ、本を読んでない人、理解できるんでしょうか……というような映画でした。

ラチェット役(殺される人)がジョニー・デップ。ミス・デブナム役がデイジー・リドリー(SWのレイ!)、アンドレニ伯爵夫人がルーシー・ボイントン(ボヘミアン・ラプソディのメアリー!)でした。ハバード夫人がミシェル・ファイファーだったのですが、原書で読んでイメージしていた人よりきれいすぎました(でもミシェル・ファイファー、実年齢61歳だった)

| | コメント (0)

10月に読んだ本

10月の読書メーター
読んだ本の数:16
読んだページ数:2966
ナイス数:26

こわいオオカミのはなしをしようこわいオオカミのはなしをしよう感想
パパが5歳の息子マイケルを寝かしつけるのに、創作おはなしを始めます。虹色のニワトリ、レインボーと、こわいオオカミのおはなしです。はなしがちょっと進んだら寝てしまうので、続きはまた別の日に。休日に父子で遊びに出かけるときも、おはなしはどんどんおもしろく続きます。佐竹美保さんの絵もいい。(子育て終わったわたしはちょっとノスタルジーを感じたりもする)
読了日:10月29日 著者:ウィリアム マクリーリー
モグラのねがいごとモグラのねがいごと感想
くらい土のなかでくらしているモグラは、毎晩、地面の上に出てきて、きれいな星をながめるのが大好きでした。ある晩、流れ星が見え、世界中の星が自分のものになりますようにと願いごとをするのです。願いはかなうでしょうか……。星ひとつひとつの白い明かりが美しく、ページを開くたびに気持ちが上がります。だからこそ後半の展開がいいのですね。作者が子どもたちに伝えたいことなのでしょう。
読了日:10月29日 著者:ブリッタ・テッケントラップ
ベンソン先生にあたしはきっと★はもらえないベンソン先生にあたしはきっと★はもらえない
読了日:10月29日 著者:ジェニファー・K. マン
さかさ町さかさ町
読了日:10月28日 著者:F.エマーソン・アンドリュース
ホバートホバート
読了日:10月28日 著者:アニタ ブリッグズ
シャーロットのおくりものシャーロットのおくりもの
読了日:10月28日 著者:E.B. ホワイト
オリエント急行の殺人 (クリスティー文庫)オリエント急行の殺人 (クリスティー文庫)感想
こちらも読了。
読了日:10月22日 著者:アガサ・クリスティー,山本 やよい
Murder on the Orient Express (Poirot)Murder on the Orient Express (Poirot)感想
読了。
読了日:10月22日 著者:Agatha Christie
エリックエリック感想
『遠い町から来た話』の「エリック」だけとりだして、小さな絵本になっていた。見比べると、絵がちょっとだけ違うみたいではあります。ショーン・タンの世界展限定の外箱つきを購入。かわいい。
読了日:10月19日 著者:ショーン・タン
彼方のアストラ 5 (ジャンプコミックス)彼方のアストラ 5 (ジャンプコミックス)感想
1巻から5巻読了。おもしろかった! 3巻くらいから「なんと!」とびっくりが多くなり、最終巻では強いメッセージに胸が熱くなりましたよ。
読了日:10月17日 著者:篠原 健太
彼方のアストラ 4 (ジャンプコミックス)彼方のアストラ 4 (ジャンプコミックス)
読了日:10月17日 著者:篠原 健太
彼方のアストラ 3 (ジャンプコミックス)彼方のアストラ 3 (ジャンプコミックス)
読了日:10月17日 著者:篠原 健太
彼方のアストラ 2 (ジャンプコミックス)彼方のアストラ 2 (ジャンプコミックス)
読了日:10月17日 著者:篠原 健太
彼方のアストラ 1 (ジャンプコミックス)彼方のアストラ 1 (ジャンプコミックス)
読了日:10月17日 著者:篠原 健太
彼方のアストラ 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)彼方のアストラ 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)
読了日:10月17日 著者:篠原健太
リスタートリスタート感想
チェースは屋根から落ちて記憶喪失になった。自分の名前も思い出せず、鏡にうつる自分の顔にも覚えがない。まわりの話から自分はアメフトのスター選手だとわかってくるが……。1章の最後で、チェースがスマホの電源を入れて写真を見たところから、先が気になり一気読みです。章によってチェースとの関わり方が違う人たちの視点で語られるので、記憶にないからといって許されるのか、人はリスタートできるのか、それを受け入れられるのか、読むほうも見方を変えて考えさせられた。
読了日:10月10日 著者:ゴードン・コーマン

読書メーター

| | コメント (0)

ドラマ見てます

このところ、めずらしくいろいろドラマを見ています。

朝ドラ『スカーレット』、ええですね。朝ドラは毎日あるし、邪魔くさいと思ってたのだけれど、今のところ毎日見てます! どハマりした『カーネーション』と『あまちゃん』以来だと思う。きみちゃんのおはぎ、おいしそうでしたね。先週、オリエント急行の講座のあと、下のフロアで見かけて買ってきてしまった。おいしかったです。(圭介、ひどいよね)

201910

そして、毎週録画にしてたまりにたまっていた『いだてん』、遅いのですが、今やっと21話まで見ました。今年中に追いつけるのだろうか。金栗氏が女子体育の教育にたずさわろうというところ。杉咲花ちゃん、いいね。

あと、大好きだった『時効警察』が帰ってきました。霧山くん、大好き。これも観てます。

ほかに、友だちにすすめられ、『G線上のあなたと私』と『シャーロック』も。忙しい。G線上の〜は、ヤマハ大人の音楽教室が舞台なんですよ。縁もゆかりもなかった3人が教室で出会って、友だちになり、励まし合って、発表会に出て……って、すごくよくわかる。わたしたちのゴスペルクラスに恋愛はないけどね。シャーロックはちょっと脱落しそうではありますが……ホームズが誉、ワトソンが若宮って、笑う。誉、いきなりヴァイオリンひくし。笑う。

スケートのグランプリシリーズも始まりましたし、むりせず、見られるものだけ見ようと思います。

| | コメント (0)

プロメア

10月26日の日記。

エキスポシティの109シネマズへ映画『プロメア』を観に行ってきました。

堺雅人、早乙女太一、松山ケンイチが声の出演ということで気にはなっていたのですが、観そびれていたアニメ。評判がよくて、ネットでどんどん人気が出ていまして、あれ、そんならもっと早く観に行っておくべきだったわーーと悔やんでいました。そう思ったときには、もう上映館が減り、上映時間も夜だけに。ところが、4DX版の上映が関西でも始まり、エキスポ なら昼間にある!と知り、早めにチケットとりましたよ。すぐ満席になるから。ぶじに観に行けました。

1_20191102171501 2_20191102171501

ファンのみなさんは何回もリピートしておられるようですが、わたしは初プロメア。揺れるし、背中からパンチされるし、風が吹いたり、水しぶきをあびたり、ピザの香りが漂ってきたり……おもしろかったです。バトルの映像がすごいので二の次になりがちだけれど、人種の違いについてや、命に優劣をつけることについても考えるテーマの映画でした。堺さんの声は、クレイという役にぴったりで、ファンのみなさんがクセになるのもわかる。機会があれば、今度は落ち着いて(揺れないバージョンで)観たいです。

ひとりで行くのもなあと思い、かといってこんなん好きそうな人も思いつかず、夫と行きました。夫婦50割を使ったけど、証明書の提示を求められなかった。見るからに50以上だと思われたに違いない。

お昼は並ばずに入れた本串屋で串ビュッフェ。食べすぎないように控えめにしましたが、デザートも少し食べました。エキスポシティ、久しぶりにいったら、平日と土曜日は最初の2時間は買い物をしなくても駐車場無料に変更になってました。よかった!

Photo_20191102172601

| | コメント (0)

« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »