« 元町で欲ばりな1日 | トップページ | Smoke & Blue 2019 »

Behold the Child

あと数日で平成が終わるというのに、4月の日記がいろいろ未更新です。平成の日記は平成のうちに……

4月13日(土)。日帰りで東京へ行ってきました。朝5時台に家を出ましたよ(笑)

2019413

開場の10時半すこし前に神保町にある出版クラブホールに到着しました。初来日のアリスン・マギーさんと、翻訳家なかがわちひろさんのトークショーです。

2019413_1 2019413_2

アリスン・マギーさんの絵本『ちいさなあなたへ』はなんと62万部も出ているのだそうです。数字がけたちがいで、くらくらします。この絵本は年月がたってからまた手にとると違った感想をもつのだなと、今回あらためて思いました。この日は、アリスンさんが読み聞かせをしてくださって、優しく美しい声で心にじわーとしみました。なかがわさんの訳は考えぬかれた、すばらしい訳だということにもあらためて感心しました。絵本3冊『ちいさなあなたへ』『きみがいま』『たくさんのドア』の読み聞かせと制作裏話(イラストのことや、日本で出版にいたる過程なども)を中心に、アリスンさんの小説についても紹介されました。

この日のトーク内容を絵本NAVIさんのサイトですばらしくまとめてありますのでリンクをはっておきます(自分の記録のためにも)→https://style.ehonnavi.net/ehon/pub_pr/2019/04/25_097.html

アリスン・マギーさんは、じつは『ホイッパーウィル川の伝説』の著者のおひとりでもあります。キャシー・アッペルトさんとの共著です。イベント主催者の版元と違うし、訳者も違うのですが、時間をさいて紹介してくださいました。ありがたいことです。イベントのあと、サイン会がありました。そこでアリスンさんにご挨拶をすることができ、ぶじにサインもいただきました(先に並んで早い番号札をもらってくれたBさんに感謝)。もともと持っていた『ちいさなあなたへ』は母にプレゼントしようと思います。古いので表紙がちょっと汚れてるけどね。付箋で隠しているところに名前を入れてもらっています。

Photo_8

さて、イベントのあと、Y翻訳クラブのみなさんとブックハウカフェに寄り道をし、アリスンさんのサイン本『ホイッパーウィル川の伝説』と佐藤淑子さん訳、ロイス・レンスキー『たのしいまきばのイースター』を買いました。それから東京駅へ移動し、KITTE(名前は知っていましたがはじめて行きました。きらきら都会だったわ!)5階の洋食ビストロ「ドンピエールハート」で遅いランチ。

2019413_3 2019413_4 2019413_5 2019413_6

このほかにスープとパンもついてきました。コースの最後にミニカレーがついてくるのが、ちょっとびっくり。コーヒーにはガトーショコラもついていました。Y翻訳クラブのみなさんとおしゃべりしながらのランチ、楽しかったです。おつきあいくださったみなさん、予約してくださったBさん(Bさんにはお世話になりっぱなし)、ありがとうございました。

おみやげももらいました。どれもおいしかったです。うれしい! ランチで満腹になったので東京駅でおみやげを買う気にならなかったのですが、みなさんからもらったおみやげで大満足。ありがとうございました。

2019413_7 2019413_8

 

 

|

« 元町で欲ばりな1日 | トップページ | Smoke & Blue 2019 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 元町で欲ばりな1日 | トップページ | Smoke & Blue 2019 »