« 勉強会と国別とティム・バートン | トップページ | 魔女の秘密展と近大まぐろ »

ポール・マッカートニー Out There Japan Tour

4月21日(火)、京セラドームまで、ポール・マッカートニー Out There Japan Tour 2015へ行ってきました。
Paul1

3年ごしの思いが実って、やっとポールに会えた!
…といっても、距離はかなりあったけどね。2階スタンドのいちばん後ろでした。
席からステージを撮影するとこんな感じ。
Paul2
開演予定が30分遅れて、7時スタートとなりました。
この写真は「待ち」のあいだに、ビートルズナンバーがいろいろ流れ、ステージ左右の大スクリーンに若いころのポールなどいろんな映像が映っているところ。

ニュースでもご覧になったと思いますが、「まいど、おおさか! かえってきたよ!」という挨拶と、♪ララー、ララー、マジカル・ミステリ・ツアー、で幕開けです。「きょうも、にほんご、がんばりマス」がかわいかったです。実際、がんばってた。おかしな関西弁ww 通訳さんが教えたんだろうなと想像すると、これまたおかしい。客席のウケを探るような目をしながら「ヒーハー」と何度もいっていたのは、初代ひらパー兄さんのネタに違いないと思ったけれど、どうなんでしょう(東京公演では言わなかったそうですし)。

MCはそんな感じで短く、でもおちゃめに。
曲はたっぷり、あとのニュースで知ったんだけど、37曲も!
バックバンドのみなさんが休んでいるであろうとときも、ポールはひとりでギターを弾いて歌っているし、72歳、どんなけ元気なんだ。ひょうひょうとした態度と表情に、ああ、ポール大好きと思いました。

記録として、セットリストをコピペさせてもらいます。
情報源はUniversal Music Japan 公式サイト→大阪公演レポート

1. マジカル・ミステリー・ツアー(ビートルズ)
2. セイヴ・アス(ソロ / 最新アルバム『NEW』より)
3. キャント・バイ・ミー・ラヴ(ビートルズ)
4. ジェット(ウイングス)
5. レット・ミー・ロール・イット(ウイングス)
6. ペイパーバック・ライター(ビートルズ)
7. マイ・ヴァレンタイン(ソロ)
8. 1985年(ウイングス)
9. ロング・アンド・ワインディング・ロード(ビートルズ)
10. 恋することのもどかしさ(ソロ)
11. 夢の人(ビートルズ)
12. 恋を抱きしめよう(ビートルズ)
13. アナザー・デイ(ソロ)
14. ホープ・フォー・ザ・フューチャー(ソロ / 最新曲)
15. アンド・アイ・ラヴ・ハー(ビートルズ)
16. ブラックバード(ビートルズ)
17. ヒア・トゥデイ(ソロ)
18. NEW(ソロ / 最新アルバム『NEW』より)
19. クイーニー・アイ(ソロ / 最新アルバム『NEW』より)
20. レディ・マドンナ(ビートルズ)
21. オール・トゥゲザー・ナウ(ビートルズ)
22. ラヴリー・リタ(ビートルズ)
23. エリナー・リグビー(ビートルズ)
24. ビーイング・フォー・ザ・ベネフィット・オブ・ミスター・カイト(ビートルズ)
25. サムシング(ビートルズ)
26. オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ(ビートルズ)
27. バンド・オン・ザ・ラン(ウイングス)
28. バック・イン・ザ・U.S.S.R.(ビートルズ)
29. レット・イット・ビー(ビートルズ)
30. 007死ぬのは奴らだ(ウイングス)
31. ヘイ・ジュード(ビートルズ)

32. デイ・トリッパー(ビートルズ)
33. ハイ・ハイ・ハイ(ウイングス)
34. アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア(ビートルズ)

35. イエスタデイ(ビートルズ)
36. ヘルター・スケルター(ビートルズ)
37. ゴールデン・スランバー~キャリー・ザット・ウェイト~ジ・エンド(ビートルズ)

付け焼き刃で予習していった、新しいアルバム『NEW』からは3曲でした。
特筆すべきは「Hope for the future」。ポールが日本語で、「せかい、はつ、こうかい」って。東京より前に大阪公演があったからですね。なんでもゲームのための曲らしいです。
あと、「007死ぬのは奴らだ」の曲の演出。たぶん2年前に行かれた方はごぞんじだったのでしょうけれど、わたしは知らなかったのでびっくりしました。バンドメンバーとポールの反応に笑った。
「ヘイ・ジュード」もおもしろかったです。ポールが「うたって、ジョシ」「うたって、ダンシ」と掛け声をかけながら(しょこたんか)、Na na na nananana〜と合唱をして楽しかったです。

ギター1本の「ブラックバード」もよかったし、アンコールの最後は「ゴールデンスランバー」でしたし(これは前回も同じだったみたいです)、大満足の3時間弱でございました。
「死ぬまでに1度観て(聴いて)おきたい」という気持ちで行きましたが、もしまた来年も来るんだったら、また行きたいと思いました。

Paul3

開演前は出遅れちゃって、グッズ販売に並べなかったので、終演後に並んで購入したツアープログラム。


|

« 勉強会と国別とティム・バートン | トップページ | 魔女の秘密展と近大まぐろ »

音楽」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 勉強会と国別とティム・バートン | トップページ | 魔女の秘密展と近大まぐろ »