« 天王寺界隈で御朱印 | トップページ | ひとり人間ドック »

心の扉をたたく291の質問

翻訳家の月沢李歌子さんから、新刊の御訳書を頂戴しました。
『心の扉をたたく291の質問』(実務教育出版)。
ページをめくるごとに、いろいろな質問が出てきます。
ちくっと刺激になり、頭と心を柔軟にしてくれそう。
たとえば「過去へ旅することができるなら、戻れなくても行きたいですか? 歴史を変えるのが目的なら、どこへ行き、なにをしますか?」とか、「友人に囲まれながら穏やかに50歳で死ぬのと、ひとり苦しみながら80歳で死ぬのと、どちらがいいですか?」とか。1日の終わりに少しずつ読んでいます。

ご本だけでなく、ポストカードとかわいいノートを2冊いただきました。ノートは何に使おうかなと考えていたんだけど、ひとつ思いつきました。本や映画で出合った心に響く言葉(文章)を書き留めるのはどうかな。

月沢さん、いつもすてきなプレゼントをありがとうございます!

Photo


|

« 天王寺界隈で御朱印 | トップページ | ひとり人間ドック »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 天王寺界隈で御朱印 | トップページ | ひとり人間ドック »