« 翻訳勉強会 | トップページ | 10月に観た映画 »

BEATCHILD 1987

月曜日、映画『BEATCHILD 1987 ベイビー、大丈夫かっ』を観てきました!
写真↓は、映画館の壁にでかでかとはられたポスター。
Beatchild

1987年8月22日(土)から、23日(日)にかけて、オールナイトで、熊本県阿蘇でおこなわれた野外ライブ。
大自然のなかにつくられた会場に、7万人がバスや車で集まったといいます(それ以外に足はなかったもよう)

リハーサルのときはいい天気で、青い空、白い雲、見わたすかぎり緑の山々で、出演アーティストも豪華だし、これはすごいライブになるぞという予感がむっちゃしているわけです。

ところが、だんだん天気が崩れ、ものすごい嵐に。

お客さんもアーティストも楽器もずぶ濡れです。客席の足もとはぬかるみ…というか、すごいいきおいで雨水が流れているところも。演奏しているほうも、楽器がならなくなるし、感電のおそれがあるとか、とんでもないことになっています。
そんなものすごいライブのドキュメンタリーフィルム。
公式サイトは→こちら

レディースデイでしたが、特別興行ということで割引のないこの映画。そのせいでしょうか、それとも、三田のみなさん、興味がないのでしょうか、なんと、お客さんは友人とわたしのふたりだけww。大きなスクリーンをふたりじめでございます。しょっぱなのブルーハーツから、トリの佐野さんまで、まわりの目を気にせず、好き勝手にもりあがってまいりました。しゃべるわ、クラッピングするわ、歌を口ずさむわ、こぶしをあげるわ。

アーティストは、The Blue Hearts、Red Warriors、岡村靖幸、白井貴子&Crazy Boys、Hound Dog、BOOWY、The Street Sliders、尾崎豊、渡辺美里、佐野元春with The Heartland(出演順)。

ブルーハーツは、この年にデビューをし、『人にやさしく』や『リンダリンダ』をリリースしたのですね(あとからわかった)。若手です。新人です。だけど、会場入りしたのが一番最後だったような気がするんだけどww。顔つきも歌い方も、いっちゃってる感じがおかしくて、かわいかったです。(あとでオットに話したら、天才はなにをやっても許されるのだと言ってました。ちなみにオットはブルーハーツのファン)

白井貴子ちゃんあたりから、雨量がはんぱなくて。「ギターがいかれちまったー」って。ギターがならなくなっちゃったのです。それでも、すごく一生懸命、お客さんに楽しんでもらおうと、ずぶぬれになりながら…いい人だ。白井貴子ちゃんは佐野さんが「SOMEDAY」のカバーを最初に許した女性アーティスト。そんなわけで、わたしは当時からけっこう好きだったのです。どの曲もなつかしかった。

ハウンドドッグはまあ、大友さん、当時も今も変わらない感じで(笑)、かっこよかったです。アニキっぽい存在、口調、お客さんたちも元気になったことでしょう。

それにしても、むちゃくちゃかっこよかったのがBOOWYです。氷室さんの、時代を感じさせないかっこよさに、友人とふたりできゃーきゃーと大騒ぎ。濡れた髪をぱさっと払って、雨水を吹き飛ばすようすまで、もうもうかっこよくてー。BOOWYのCDをレンタルしてこようと心に誓ったのでした(けっきょく、まだ借りてきてないのだけど(^^;))

そして尾崎くん。デビューから2、3年ごろ。人気絶頂だったのでしょうね。ライブとは関係のないオフステージのショット、尾崎くんが一番多かったのじゃないかな。あの歌声だし、笑顔はああ、尾崎だーと思って観ていたのですが、友人が、太ってない?と指摘。よく見ると、たしかに〜。15の夜やセブンティーンズマップの頃のシャープな、触れると切れるようなイメージはどこへ……(曲と容姿の両方にシャープさがあわさっているのが魅力だったのです)。あごのラインも肩まわりも、雨でジャケットをぬいでタンクトップになったらお腹のあたりも、ぽっちゃりさん。でもあのハスキーな歌声はかわらず。よかったわ。

美里ちゃんも、当時、好きだったな。『eyes』というデビューアルバムは衝撃でしたね。あの歌唱力、声量、大好きでした。高校の卒業式で、みんなで歌った「My Revolution」なつかしい。このライブでは、夜明け前だし、寒いし、雨だしで、声ができらない感じでした。

そして、トリは佐野さん。ニューヨークから帰ってきて、アルバム『VISITORS』を出したあとですね。髪の毛が多くて(湿気でよけいに)、キャップがおさまりきらない感じですがww 佐野さんが登場するころには雨もあがり、空が明るくなってくるのです。『Strange Days』の歌詞「あの光のむこうにつきぬけたい 闇のむこうにつきぬけたい この夜のむこうにつきぬけたい」がぴったりで、ぶるっときました。映画の最後は「SOMEDAY」でしたが、当日のセットリストによると、「SOMEDAY」のあと「Young Bloods」、「Happy Man メドレー」で大いにもりあがって終わったものと思われます。

お客さんのなかには、体調が悪くなって病院や体育館(病院に収容しきれなかったそうです)に運ばれた人たちも多かったみたい。もし、当時のわたしがあの場にいたら、トリの佐野さんまで耐えて、夜明けをむかえられたかどうか自信がないです。

長文でごめんなさい! 最後まで読んでくださった方、ありがとうございました。


|

« 翻訳勉強会 | トップページ | 10月に観た映画 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 翻訳勉強会 | トップページ | 10月に観た映画 »