« 冬のセール | トップページ | うつわ展 »

佐野元春WINTER TOUR 2012-2013

またまた「〆切間に合うのか」という不安な日々がはじまっております。そんなわけで、更新がすっかり遅くなりましたが……

2013年1月12日(土)、神戸国際会館こくさいホールへ、「佐野元春&THE COYOTE BAND WINTER TOUR 2012-2013」に行ってまいりました!
いつも大阪会場を選ぶので、神戸でのコンサートは、じつは初参加。知らなかったけど、けっこう便利な場所だし、きれいないいホールでした。

佐野さんが神戸でライブをするのも久しぶりだったようで、「いいことも悪いこともあったけど、こうしてここに集まれたことが奇跡」(というようなことを)いってました。このホールも、阪神淡路大震災のあとに建て直されたのだと思われ……そういう含みもあってのMCなのでしょう。

これからツアーに行かれる人のために、セットリストをネットに出さないようにと書かれてあったので、あまりネタばれ(?)にならない程度に…

いい曲、好きな曲をたくさん、聴かせてくれました。
3月13日佐野さんの誕生日にリリースされる新アルバム『ZOOEY』からの3曲も。うち1曲はすでにシングルで出ている『La Vita A Bella』。あとの2曲も心にしみる、前を向いていこうという気持ちになる曲。ニューアルバムが楽しみです。

『ハートビート』はもう、いろいろ思い出もあり、大好きな曲なんですが、これをキーボードで弾き語り。泣きそうでした。あと、『ロックンロール・ナイト』も涙ぐんでしもた。

『コンプリケーション・シェイクダウン』はいつ聴いてもかっこいい。1984年に出たアルバム『VISITORS』に入ってたんですから、28年前の作品ですよ。あんな曲をつくれるなんて、天才だわ。

えっと、順番が前後しますが、おもしろかったのが、MC「みんな、このまえの選挙に行った? あの結果、ぼくは不満だな」(というようなこと)。まったくだ、まったくだ。そして『国のための準備』を。

佐野さんが会場を見渡して、「思ったのは、受け継がれていく、ということ」(というようなこと)をいってました。そして、ちょっと笑いながら、説明のかわりに、「まあ、考えて!」って。18歳未満の子どもたちはチケット代金を返金してくれるということもあり、キッズたちの姿もちらほらありました。うちの息子もむりやり連れていけばよかったかな。

ニューアルバムの最新ニュースは→こちら

5月26日には、4月にリニューアルオープンする大阪フェスティバルホールが決まっております。今年のお正月早々にとびこんできたうれしいニュースでした。チケットがとれるように祈っていてください。

おまけ。じつは、その新しくなったフェスティバルホールで、5月11日に矢野顕子さんの「忌野清志郎を歌うツアー」があるんですよ。ゲストは奥田民生氏。行きたいけど、あいだ2週間でライブ2つも行くのは気が引けちゃうので、元春のほうにします。あっこちゃんのライブ、行ける人は行ってみてねー。

|

« 冬のセール | トップページ | うつわ展 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

忙しいところ、レポ嬉しい。催促してごめんね(^^;
印象に残った歌、MCがほぼかぶるわ(笑)
弾き語りはもう1曲の懐かしい歌もよかったです。
会場が「おお~」ってどよめいた。しんみりバラード。
「VISITORS」は当時新しすぎるくらいの感じだったよね。今聴いてもまったく色褪せてない、ほんとにすごい。

こちらはキッズが少なかったの。だから元春さん少し寂しそうだった。
でも終わってロビーに小学校1~2年生の男の子がいて(おしゃれ!)、思わず「キッズ~~~~」って声かけたら、お母さん(これまたおしゃれ!)がニコニコ「キッズです~~」って。
頭なでなでさせてもらった。かわいかった。
ぜひChicoco家も、キッズ(というには失礼かな。もう立派な少年だものね)同伴で!

わたしも近々感想まとめます~。

投稿: くるり | 2013/01/19 21:15

さっそく読んでくれてありがとう〜。記録は残しておきたいと思っていたので、催促してもらってよかったです。でも、くるりさんが行く前に詳細は語るまいと思ってたのよ(笑)

いっしょに行ってないのに、いっしょに行ったみたいな、この気持ちのシェアはすごいねえ。

キッズに話しかけたんだ! こちらはけっこういましたよ。家族4人で来てるふうな人たちとかも。
ふと思い出して、息子を連れていったときの日記をさがしてみました。(こういうことができるから、やっぱり記録は残しておかないと)
よかったら読んでみて。2004年12月でした。
http://chicoco.cocolog-nifty.com/nikki/2004/12/the_sun_tour_20.html
このときノリノリで楽しそうだったからまた行くかと思ったら、アンコールが何度もあってしんどかったらしく(笑)、もうついてこないのよね。もったいないヤツだわ。

キーボード弾き語りは『彼女』かな。「引き潮のように〜」っていう出だしが、「おお〜」ってわたしも思いました。

いやあ、かっこよかったよね。ギター持って軽くジャンプもしちゃってたし。

投稿: Chicoco | 2013/01/20 00:16

前、息子さんと一緒にライブ行ってたよなあって思ってたの。また日記読めてよかった。
すごく楽しそうだったのにね。親子(家族)でライブってすっごくすてき。うらやましいです。
そのうち再び一緒に行ってくれるようになるかしらん。
つぎは、「もうお母さんとは行かへん。彼女と行く」って言ったりして~。へへへ。

彼女といえば、弾き語り、そうです、「彼女」です。
あの曲、昔自分でもピアノ弾いて歌ったなあ~。今はもうとても無理だけど。

ああ、ほんとにかっこよかった。
長らくライブ行ってなかったけど、この空白の時間はほんとにもったいなかった。
これからできるだけ取り戻したいな!

投稿: くるり | 2013/01/21 19:23

くるりさん

調子にのって、むりやり読ませてすみません。あのころはかわいかったなあ。でも元春ミュージックに洗脳しきれなかったわ(笑)

『彼女』の弾き語りしてたんですか! すごい。わたしも高校生のころ『SOMEDAY』はもちろん、『TONIGHT』とかもしてたなあ。そして同じく、今はもう弾けない…w

ライブ空白の時間、取り戻せるといいですね。わたしも数年、空白の時間があります。今も平日の夜は出にくいとかいろいろあるので、全部は無理だけど、ずっと接点はもっていたいな。そのためにも元春にはいつまでも元気でいてもらわなければ!

投稿: Chicoco | 2013/01/22 06:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 冬のセール | トップページ | うつわ展 »