« ルミナリエとROADSHOW | トップページ | 「篤姫」最終回 »

八日目の蝉

『八日目の蝉』(角田光代/中央公論新社)を読みました。

希和子は、ある朝、赤ちゃんを誘拐しました。そのうちは毎朝、妻が夫を駅まで送っていく時間だけ、鍵をあけたまま留守になるのを知っていました。赤ちゃんを一目見るだけのつもりだったのに、自分を見て笑った赤ちゃんを抱いて逃げてしまったのです。希和子は赤ちゃんに「薫」と名づけ、ふたりの生活が始まります。いつ捕まるかとつねにびくびくしながら、いろいろな人に出会い、いろいろな場所にとどまりつつ、西へ西へと逃げていきます。そんな毎日でもふたりでいられるというだけで幸せなのでした……

1章は野々宮希和子の視点で、2章は「薫」と名づけられた秋山恵理菜の視点で書かれています(2章の最後の数ページだけちょっと違うのだけれど)。ずっと希和子の気持ちによりそって読んでいたので、誘拐犯を心のどこかで応援していました。それが途中で視点が変わることで公平な目であらためて読ませてくれた感じ。
はらはらどきどき感もあり、何度かうるっとくるところもあり、親子とは、家族とはと考えさせてもくれるストーリーです。女性にとくにおすすめ。

ちなみにタイトルの八日目の蝉というのは、地上に出て7日の命しかないと言われる蝉ですが、もう1日生きながらえることができたなら、どういう気持ちになるだろう……ということなんですね。

|

« ルミナリエとROADSHOW | トップページ | 「篤姫」最終回 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

わたしの読んだ本」カテゴリの記事

コメント

 わー、読まれたのですね!
 NHK「わたしの1冊」で紹介されてましたね。それで読みたくなって借りてたのに、期限切れで返してしまった……ごまかして手持ちの『対岸の彼女』を今頃読んでるところです(^^; あと30ページ。
 もう一回借りてこようっと。

投稿: ぎねびあ | 2008/12/15 12:00

NHKで紹介されていたのは知りませんでした。
読売新聞に角田さんのインタビューがのっていて(もともと夕刊に連載されていたんです)、たしか、お母さんの妹さんだかお姉さんだかにお子さんがいなくて、自分が何度もあずけられたという経験があって、そこから書かれた物語だと書いてあったように思います(びみょうに違っていたらすみません。記事を切り抜いていたのに、なくしてしまった)。

『対岸の彼女』は泣きまくりだったわたしです。2005年(えらい前だった)2月20日に感想のせてます。よかったら、探してみてください(たいしたこと書いてないけど)。

『八日目の蝉』、予約してからむちゃくちゃ待ってようやく来たんですよー。すぐに借りられそうなら、ぜひ読んでみてくださいませ。

投稿: Chicoco | 2008/12/15 21:15

 NHKは、先月(いや、10月かも)から「わたしの1冊」という10分番組を始めていて、それで紹介されてたのです、『八日目の蝉』紹介者は光浦靖子さん。
 いまさらの角田さんデビューは結局『対岸の彼女』となったわたしです。今日読み終えました。2005年のレビューも読ませていただきました、全く同じところに同じ反応をしました〜(コメントされてる方の反応を含め)。
 それはそれとして、一緒に書かれていた原書の話を読んで、ちょうどわたしがちここさんに出会った頃だったんだなあと、感慨も一入でした。

 いまみたら、『八日目〜』はマイ図書館その1(各1冊しか蔵書がない)では20人待ちでしたが、その2(たくさんある)に在庫があるので、ちょうど明日行くし、借りてきます。年末は長く借りられるからラッキ〜。

投稿: ぎねびあ | 2008/12/15 23:35

NHKの10分番組なんですね。毎日放送されているとは、知りませんでした。光浦さん、「思い出すだけでも泣ける」って書いてあったです。

『対岸の彼女』を読んだときは、しゅんがまだ幼稚園だったんだなあと、わたしも読み返して驚いています。だからこそ、ママ友関係のことに反応したのでしょうね。
ぎねびあさんとお会いしたのはそのころでしたっけ。そっか、そっかー。これからもよろしくお願いします。

角田さんの『キッドナップ・ツアー』もおもしろいですよん。

投稿: Chicoco | 2008/12/16 10:35

Chicocoさん、
 そうそう、毎日やってるので録画して流して参考にしてます。最初の特番にご本人が自宅公開で出ていらしたのも興味を覚えた理由です。桜庭一樹さんのご自宅も出てましたが、こちらは不思議な方ですね〜(笑)。
『八日目の蝉』借りてきました! 在庫なのに棚に無くて焦ったけど、図書館員さんがみつけてくれました。古い本でもテレビに出るとしばらく予約が増えますね。

投稿: ぎねびあ | 2008/12/17 09:18

本人とは、光浦さんではなく角田さんが自宅公開されていたということ?(そりゃそうか……)
いつだったか、やまねこオフで、ある編集者さんの講演を聴きに行ったとき、その人が角田さんがかっこいい(ラフなファッションが)とおっしゃっていたのがすごく印象に残ってるんですが……(記憶違いだろうか。うーん)。
桜庭さんはめざましテレビで自宅公開&インタビューに答えてましたね。中野アナだったと思います。

「八日目の蝉」もう借りてこられたのですね。早っ。お楽しみください。

投稿: Chicoco | 2008/12/17 13:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ルミナリエとROADSHOW | トップページ | 「篤姫」最終回 »