« ベストプランのはずが | トップページ | スキヤキ・ウエスタン・ジャンゴ »

ジャージの二人&ラング新刊

080924_20110001
むりやりな写真ですみませーん(ぱるをバックにいれる必要はまったくない)
アンドルー・ラング世界童話集の新刊『はいいろの童話集』(東京創元社)が出ました。全12巻のうちの6巻です。マラソンの折り返し点だなあと感じております。マラソンを走る魅力はわからないけれど、ラングのマラソンは完走してゴールをきりたいような、このままいつまでも走っていたいような、そんな気持ち。
さて、『はいいろの童話集』では、「花をつんで起こったできごと」と「クマ」の2編を担当しました。機会があれば、読んでいただけるとうれしいです。

さて、水曜日は映画館のレディースデイ。『ジャージの二人』を観てきました(あらすじなどは、タイトルをクリックして公式サイトを見てくださいませ)。すっごくよかった! DVDも買いたいぐらい(買わないだろうけど)。シーナ&ロケッツの鮎川誠さんと堺雅人さんが父と子の役。なんかこう……(←これけっこうキーワード)、唇のかみしめ方とか実の父子のようにそっくりなんです。撮影現場に来ていたシーナさんに「なんとなく誠っちゃんに似とうねえ」と言われて、堺さんは「とびあがって身をよじりたくなるほど幸せでした」とインタビューで答えてます。父と子の会話は、すごくリアルで、うちのオットとしゅんもあと20年ほどたったら、こういう「間(ま)」で話すんじゃないかなと想像できてしまう。北軽井沢の景色もすてきです。せかせかしないで、生産的なことはとくべつなにもしないで、こんなふうに過ごすのにあこがれます。でもわたしは貧乏性だから、1週間もいたら、いろいろあせってくると思いますが。ひさしぶりに「ジャイアント・カプリコ」を食べたくなりました
そして、堺さんはやはりうまいなあと感心。なんの役をやっても同じっていう俳優さん、ときどきいますが、堺さんはそれぞれの役になっている。堺さんが演じてきた役のなかで、『ココニイルコト』の前野くんと同じぐらい、好きな役です>ジャージ。

|

« ベストプランのはずが | トップページ | スキヤキ・ウエスタン・ジャンゴ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

ジャージ姿のお二人、
なかなかお似合いでしたね~(*^-^)
フランスの映画を見ているような感じでした。
また誘ってください!

投稿: ky | 2008/09/25 10:12

kyさん、おつきあいくださってありがとう。
わたしもジャージ、ほしくなりました(笑)でも、わざわざ買ったら、鮎川さんにがっかりされそう。パンフにのっていた対談(ハチクロの羽海野チカさんと堺さん)で、ジャージのきこなしについて書いてありました。「和小」のはアマガエルみたいって書いてありました(笑)

投稿: Chicoco | 2008/09/25 12:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ベストプランのはずが | トップページ | スキヤキ・ウエスタン・ジャンゴ »