« 営業の赤本 | トップページ | もーやんえっちゃん ええほんのえ »

新刊でました!

わたしの新刊が出ました。
ハッピー・フィート おはなし絵本』です。
A社のトライアルがきっかけで訳させていただきました。
訳すことが決まった翌日に、たまたま劇場にデスノ2を観に行ったのですが、『ハッピー・フィート』の予告が流れて、「おお、これかー」とどきどきしたのを思い出します(去年の秋ですね)。
アカデミー賞とるとは思ってもいなかったです。
今朝は、テレビ東京系の「おはスタ」にも、主役のマンブルが出演(?)していました。
映画とともに、こちらの絵本ももりたてていただければうれしいです。
(増刷されることがあれば、訂正してもらいたい箇所をさっそく発見。翻訳関係のみなさんは、あたたかい目で読んでいただければ幸いです)
←左にも表紙のせています。

さて、きょうは、しゅんの8歳の誕生日。
先週あった授業参観は「赤ちゃんについて」でした。妊娠1か月から10か月まで、おなかのなかの赤ちゃんのようすを勉強するというもの。子どもたちは、羊水、胎盤なんていう言葉を知っていて、びっくり! その授業の一環で、自分が赤ちゃんのときのことを取材してくることという宿題が事前にあり、わたしも久々に、しゅんが赤ちゃんのときのことを思い出していました。きょうの誕生日には、「生まれてきてくれて、ありがとう」というメッセージを送りました。NHKのサブダ特集でやっていた飛び出す絵本作りの技を使って、飛び出すポッチャマのカードを作りました!(がんばったよ>わたし)

ちょっと、いろいろあって、ハンドルを、「ちここ」から、もともと使っていた「Chicoco」にもどします。まあ、どっちでもいいんですけど、いちおうお知らせまで。

|

« 営業の赤本 | トップページ | もーやんえっちゃん ええほんのえ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

Chicocoさん
 おめでとうございます! しゅんくんもおめでとう!

投稿: 蒼子 | 2007/03/01 15:31

Chicocoさん

新しい訳書、おめでとうございます! (リストに追加してもいいですか?)

息子さんのお誕生日もおめでとうございます。手作りの飛び出すカードなんてすごいなあ。

投稿: ハイタカ | 2007/03/01 16:58

>蒼子さん
ありがとうございます。できあがった本を見れば、いろいろ細かいことはもういいやと思ってしまいました(そんなんでいいのかな(^^;))。

>ハイタカさん
ありがとうございます。リストの更新も、ありがとうございます。お手数をおかけします。でも、この本、著者名がないんだけど……大丈夫かしら。
カードは、くちばしが飛び出すだけの、簡単なものです(笑)。

投稿: Chicoco | 2007/03/01 21:47

(初の書き込みです。ドキドキ。)
おめでとうございます!息子がペンギンが大好きなので、「ハッピー・フィート」を春休みに見に行く予定でした。本の方も探します。楽しみにしていますね。

投稿: ゆま | 2007/03/02 06:11

ゆまさん、ありがとうございます(^^)
お子さんと映画に行かれるのですね。もう、これでもかーと言うぐらい、ペンギンがいっぱい出てきます。楽しんできてくださいね。絵本も読んでもらえるとうれしいです。

投稿: Chicoco | 2007/03/02 09:40

1日遅くなりましたが…(^^ゞ
お誕生日おめでとう!
学校では、牛乳で乾杯ありましたか?

投稿: ky | 2007/03/02 10:07

kyさん
ありがとう。
牛乳で乾杯? そんなのないよ、と申しておりますが……(^^;)。
1年のときは、ギター侍先生が、誕生日の歌をうたい、抱き上げてくれたそうです。

投稿: Chicoco | 2007/03/02 21:09

Chicocoさん、新しい訳書の出版、おめでとうございます。
2日遅れですが、しゅんくんもおめでとうございます。手作りの飛び出すカードだなんて、すごい!すごい! わたしも来月、がんばろう。Yはしゅんくんと同級生だけれど、人生の長さは1年近く違うのですね。

2週間くらい前、うちの次女の小学校の学校公開週間(授業参加ウィークみたいなもの)で私が見学した授業も、似たような感じでした(「ぼく・わたしが生まれた日」)。担当は担任の先生ではなく養護の先生だったのですが、胎盤とか精子とか卵子とかいう言葉が子どもたちの口から出て、一緒にいた母がびっくりしていました。でも、「将来結婚してして、奥さんに赤ちゃんができて、つわりで苦しんでいたらどうする?」と聞かれた男の子たちが「大丈夫って聞く」「ぼくがご飯とかつくってあげる」と答えているのを聞いて、ほのぼのしました。

投稿: hanemi | 2007/03/03 06:07

hanemiさん
ありがとうございます。Yちゃん、来月にはもう年上になっちゃうのですね。つかのまの同い年。

そちらの学校でも同じような授業していたのですね。ほんと、男の子たち、ほのぼのしますね(^^)。
でも、こちらでは、先生もおっしゃっていましたが、2年生は低学年なので、自分たちがお父さんお母さんになるという気持ちではなく、赤ちゃんのほうの気持ちに近くて、「おおー、ぼく・わたしはこうだったんだー」「こんなふうに生まれてきたんだー」という感動が大きいようでした。

投稿: Chicoco | 2007/03/03 17:27

本の出版、しゅんくんのお誕生日、おめでとうございました! サブダ流飛び出すカード、すごいっ! いいなあ、しゅんくん。
低学年の参観か〜(遠い目)。かわいいよね。なんだか毎年「うまれた時の写真がいる」と言われてたような気がする。へその緒付きの写真を持たせました。ふふふ。

投稿: ぎねびあ | 2007/03/04 22:53

ぎねびあさん
ありがとうございます(^^)。
ぎねびあさんもサブダの番組、ご覧になったでしょ。紙を折って、切り込みを入れて、三角に折り目をつけるだけで、飛び出すくちばしのできあがり。
そうそう、生まれたときの写真、持って行きましたよ。へその緒つきの写真って……(^^;)(←なんか間違ったものを想像している?)

投稿: Chicoco | 2007/03/05 08:45

訳書の発売、しゅんちゃんのお誕生日とお祝いが重なって、おめでたいです! 遅くなったけど、しゅんちゃん、おめでとう! 同じ3月生まれなので、いつも気になっていながら、当日にお祝い言ったことなくて、ごめんねー(^^; 今年も元気にすくすく育ってください。

投稿: COSMIC | 2007/03/05 09:04

COSMICさん、ありがとうございます。
お誕生日もうすぐですね。3月生まれ仲間で、今年もよろしくお願いします。

投稿: Chicoco | 2007/03/05 16:26

しゅんちゃんおめでとう!!。そうだね~。8歳だね・・・。
Chicocoさんも新刊良かったね。

こちらでも授業参観に、赤ちゃんの頃・・・をやったのですが、クラスに昨年お母さんが他界された男の子がいて「こんなのつまんない」と、授業中に抜け出して帰ってしまいました。⇒先生気が付かず!!
性教育がらめの、命を大事にする目的と思われるこの授業・・・、意味はあるんだと思うけど少しその子のことも考えて欲しかったな。と思いました。

PS:銀細工面白そうね♪

投稿: JuJu | 2007/03/05 21:42

JuJuさん、ありがとう。

そういうことがあったのですね。たしかに、その子にはなんらかのフォローが必要だったかも。だからといって、この授業をなしにしてしまうのも、ちょっと違うように思います。授業参観で、子どもたちが「もっと知りたい」という様子は(知識欲というのでしょうか)、すごく伝わってきたもの。その子も、もうちょっと大きかったら、自分はこうやって生まれてきたんだということをしっかり受け止められたのかもしれないですね。

銀細工、JuJuさんなら上手にできると思うよ(^^)

投稿: Chicoco | 2007/03/06 08:03

あはは、へその緒はついてるけど、わたしからは離れてるよ(^^) 要するに、生まれたてでまだおむつもしてない姿。なんか、すごい顔だよー(こどもが)。
そういえば、小中学生のうちにお母さんが亡くなるお子さんも、けっこういるのですよね。小学生の間にも「親御さんのお葬式」が何度かありました。なんと言ってあげたらいいのかわかりません。

投稿: ぎねびあ | 2007/03/06 20:01

長いへその緒(ぐるんぐるんなっているやつ)がついている写真かと、一瞬思ったのでした(そんなわけないよね)。
生まれたての写真を撮ってたのですね。うちは一息ついて(?)、あの新生児が着る服をきているのばっかりです。

投稿: Chicoco | 2007/03/07 08:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 営業の赤本 | トップページ | もーやんえっちゃん ええほんのえ »