« 大阪市立科学館 | トップページ | ジョニー・デップ フォトバイオグラフィ »

キヨシロー

忌野清志郎、好きなんです。あの歌声はもちろん、メイクしている顔も、すっぴんの顔も、自転車に乗っている姿も、「探偵ナイトスクープ」の顧問のときも。

そんなわけで、2時間ドラマ「ドラマコンプレックス『雨やどりの恋〜うさぎと亀より〜』」を見てみました。まじめな表情なのに笑っているような顔はやっぱり好きですが、演技は……ノーコメント。清志郎さんのHPのなかのこちらにちょっぴり写真ありますが、市原悦子さん(千代さんという役名>笑)と、羽田美智子さんとの三角関係を描いたドラマ。内容はまあ……彼が出てなかったら、まず見なかったものでした(苦笑)。ドラマ「エンジン」でマヨネーズ大好きだった少年が出てました。

それよりも! 大阪城ホールでのライブ「ナニワ・サリバン・ショー」が最高です(このネーミングも最高>江戸ならず浪速と来たもんだ)。15日にまた再放送していました。前の放送のときは、矢野顕子を呼び入れて、「ひとつだけ」を熱唱するところからしか見られなかったのでした。今回はばっちり最初から録画いたしました。このライブ、よかったー(生で見たわけではないけど)。ラストは、寛平ちゃんが登場し、「アメマー」を全員で連発していましたが(そこは、しゅんも熱心に見ておりました)。

そういえば、数年前、やはりライブをテレビで見ていたら、しゅん(当時、まだ幼稚園児)が、「この人、『おめめめー』ばっかりいってる。目いっぱい(目のことを幼児語で「お目め」といいますね)」とツッコミを入れておりました。なんのことかと思ったら、清志郎は「OK、ベイベー」を連発していたのでした。

そんなわけで、入院の第一報をmixiニュースで見たときはショックでした。清志郎さま、元気に退院して、しっかり療養して、また歌声を聞かせてほしいです。公式HPのトップはこちら。自筆のメッセージが読めます。

|

« 大阪市立科学館 | トップページ | ジョニー・デップ フォトバイオグラフィ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大阪市立科学館 | トップページ | ジョニー・デップ フォトバイオグラフィ »