2月に読んだ本

2月の読書メーター
読んだ本の数:9
読んだページ数:857
ナイス数:69

せんそうがやってきた日せんそうがやってきた日感想
#3000chairs のタグ、いいですね。絵本は家族で朝食のテーブルを囲むおだやかな朝から始まる。学校で昼食時間のあと、女の子は戦争にまきこまれた。家族も家もなにもかも失い、ひとりで戦争のないところへたどりつくけれど……。椅子は学ぶ機会を表すだけでなく、居場所、受け入れる思い、受け入れられる思いも表している。
読了日:02月26日 著者:ニコラ・デイビス
女と男のちがいって? (あしたのための本)女と男のちがいって? (あしたのための本)感想
テキストは1978年出版のもので、イラストは2015年に描かれたもの。「あしたのための本」シリーズ4冊で、この絵がいちばん好きかもしれない。『民主主義は誰のもの?』のコラージュもすごいけれど。
読了日:02月26日 著者:プランテルグループ
社会格差はどこから? (あしたのための本)社会格差はどこから? (あしたのための本)
読了日:02月26日 著者:プランテルグループ
JR上野駅公園口JR上野駅公園口感想
2014年出版の本作は2021年のいまこそ読むべき本でした。全米図書賞受賞作と知り手にとりましたが、多くの取材に裏打ちされた小説、読んでよかったです。ひとりで生き、ひとりで老い、ひとりで死んでいくこと、また人はどうしたって過去をひきずってしまうといったことをぐるぐる考えています。
読了日:02月15日 著者:柳 美里
くらやみきんしの国くらやみきんしの国感想
あるところに暗闇がこわい男の子がいました。実はその子は王子さまで、やがて王さまになると国中の暗闇を禁止しようと考えます。ぞっとしたのは、独裁ということよりも、「国民が自分たちで決めたと思い込ませよう」という大臣の悪知恵。ユーモアもあり、そうきたかと笑わされながら、自分の身近な社会にも目を向け考えるきっかけになりそうな絵本。
読了日:02月14日 著者:エミリー ハワース=ブース
夜フクロウとドッグフィッシュ (SUPER!YA)夜フクロウとドッグフィッシュ (SUPER!YA)感想
全編、メール(と少しの手紙)だけで進行するのですが、最初から、最後の最後までおもしろかった!!!!(あえて「!」をいっぱいつけたくなる)ベットとエイヴリーが愛おしくてたまりません。ガガおばあちゃんも大好きです。
読了日:02月12日 著者:ホリー・ゴールドバーグ・スローン,メグ・ウォリッツァー
独裁政治とは? (あしたのための本)独裁政治とは? (あしたのための本)感想
原書は約40年前にスペインで出版された絵本だという「あしたのための本」シリーズ4冊の1冊。各冊、異なるイラストレーターが担当していておもしろい。記者会見やパーティーをはじめ、今この国にもあてはまりそうなことが書いてあり、大いに考えさせられる。
読了日:02月10日 著者:プランテルグループ
民主主義は誰のもの? (あしたのための本)民主主義は誰のもの? (あしたのための本)
読了日:02月01日 著者:プランテルグループ
ありがとう、フォルカーせんせい (海外秀作絵本)ありがとう、フォルカーせんせい (海外秀作絵本)
読了日:02月01日 著者:パトリシア ポラッコ

読書メーター

| | コメント (0)

2月に観た映画

2月に観た映画は2本。

『キンキーブーツ』(2005年製作)

『ヘアスプレー』(2007年製作)

もっとミュージカル映画を観たい気分だったのですが、あまり時間がとれず2本だけになりました。

そろそろステージで生のミュージカルが見たくなってきています。うずうず。

 

| | コメント (0)

また甘いもの

あっというまに3月になりました。寒かったり、暑かったり、花粉が飛んでいたり、からだがついていかないですね。きょうは強風と激しい雨のなか歩いて出かけなければならなくて、全身ずぶぬれになりました。とほほ。

2月のすごく忙しかった日、なんだか疲れて、甘いものが食べたくなりました。ひとりでコンビニスイーツ。ゴディバコラボ。おいしかったです!

Photo_20210302203101

2月末から3月はじめにかけて、息子が帰省していました。1月に会ったときには進路に迷っているようでしたが、なんとか卒論提出、発表を終え、卒業できることになり、やはり院に進むことに心を決めたようです。その手続きのためのあれこれで帰ってきていました。今回は3泊し、いろいろ話もできたかな。PUIPUIモルカーをすすめられて見ました(笑)。あと、映画『カイジファイナルゲーム』もいっしょに見ました(わたしは2回目)。ちょうど息子の誕生日も重なったので、ケーキでお祝いをしました。便乗して、わたしもまた甘いものを食べてしまいました。おいしかったです!

Bd2021

このごろ藤原竜也くんの出演番組や配信が多くて、忙しいです。夏公開の映画『鳩の撃退法』情報も出たし、うれしい悲鳴をあげています。

 

| | コメント (0)

2月前半の日記

2月前半の日記。メモとして。

 オンラインの講座/フォーラムを視聴しました。どちらも見逃し期間にアーカイブで。

・大阪国際児童文学振興財団(IICLO)フォーラム「子どもの本の現在(いま)と未来(これから)」冨安陽子さん(児童書作家)/竹下晴信さん(評論社社長)/宇野和美さん(スペイン語翻訳者)/宮川健郎さん(財団理事)

・ブロンズ新社の若月眞知子社長「世界の絵本最前線―ボローニャブックフェアと絵本出版(三鷹市星と森と絵本の家共催講座「おとな絵本ラウンジ」絵本を深く知るレクチャーシリーズ)

 アニメ『鬼滅の刃』全26話見ました。1話も見たことないと言ったらお話にならなかったことがあり、いちおう見ておくかと思った次第。「全集中」が何か、わかりました(笑)。老若男女が夢中になっているアニメ、予想以上に血が多くて、わたしには怖かったです。「キメハラ」なんていう言葉があるんですってね。感想を書くのも緊張する。

 はじめて、オンライン診察を受けました。耳鼻科で花粉症の薬を処方してもらいかったのだけど、いつものように混み合う待合室、患者共用の鼻洗いや吸入器具など、行きたくないなーと思いつつ、ネット予約画面を見ていたら、オンライン診察があると知ったのでした。CLINICSというアプリを入れ、待ち時間ゼロ、診察時間5分で終了。無事に花粉症の薬を処方してもらえました。便利です! 来年以降も続けてほしい。

 奈良の実家へ日帰り帰省。昨年11月以来です。母は結局、年末年始もひとりで過ごすことになったので、様子を見に行ってきました。今回はなんだか、オンライン講座を受けて前向きな気持ちになってたみたいで、まあ、元気でした。帰っても、そのときそのときで変化し、やる気がなく、後ろ向きなことしか言わないときもあるので、今回はよかった。いただきもののスイートポテトを食べておしゃべりしてきました。お茶とお菓子、左右反対やね。

20210207

 実家へ行った日の翌日から、ワンコの下痢が始まりました(泣)。留守番させられたストレス?! 動物病院で出してもらった薬がなかなかきかず、結局、1週間、犬の下痢とつきあいました。ワンオペ看病、疲れました(泣)。これ以上続くようなら検査をしようということになっていましたが、今週はおさまり、元気にしています。ほっとしました。

 こんな本を買ってしまいました。下手な写真集より眼福(笑)。ジャンプの種類を瞬時に見分けられるようになりたいのですが、そもそも動体視力がないので難しい。

Photo_20210219123801

 2月前半はこんな感じです。後半もがんばります!

 

| | コメント (0)

1月に読んだ本

2月になりましたね。1月に観た映画はありません。うまく時間を作れない。

 

1月に読んだ本です。『ザリガニの鳴くところ』『少年と犬』がとくによかった。

 

1月の読書メーター
読んだ本の数:6
読んだページ数:1255
ナイス数:55

ザリガニの鳴くところザリガニの鳴くところ感想
最後のページを閉じた途端こんなおもしろい本がもっと読みたいと思う、すばらしい読書体験となった。1969年ノースカロライナ州の湿地に立つ火の見櫓の下でチェイスの死体が発見される。転落事故か殺人か、保安官が捜査を始める。章をかえ、1952年から始まる「湿地の少女」カイアの物語が進行する。父の暴力に耐えきれず、母が去り、きょうだいたちも去り、やがてその父までも去り、カイアは湿地の小屋でたったひとり生き、思春期をむかえ、大人になっていく。次第に1969年の線と、1952年の線がつながってくる。
読了日:01月30日 著者:ディーリア・オーエンズ
きみは どこから やってきた? 宇宙誕生からはじまる いのちのものがたりきみは どこから やってきた? 宇宙誕生からはじまる いのちのものがたり感想
宇宙の誕生から今「きみ」がそこにいるまでの138億年を、32ページでおもしろく教える絵本。しょぼくれた大人のわたしでも、こうして命があって生きているのは奇跡だなと思わせてくれる。丸顔に目がついたユーモラスな絵がかわいくてたまらないのだけれど、絵本中盤、作者からその目についての大事なお知らせがあって笑った。
読了日:01月16日 著者:フィリップ バンティング
サブリナとコリーナ (新潮クレスト・ブックス)サブリナとコリーナ (新潮クレスト・ブックス)感想
アメリカ、コロラド州で暮らすヒスパニック系女性たちが登場する11の短篇。娘、母、祖母が互いの生き方に踏み込みすぎず、とはいえ傷ついたときにはともに悲しみ、手を差しのべる。声高に主張するのではなく、静かに語ることで、遠い先はともかくとして、いまを生きていくことがリアルに描かれる。読後、訳者あとがきで紹介されている作者のことば、また謝辞に「女の子たちへ」とあるのを読み、本書がいっそう特別なものになった。
読了日:01月15日 著者:カリ ファハルド=アンスタイン
ほら、ここにいるよ: このちきゅうでくらすためのメモほら、ここにいるよ: このちきゅうでくらすためのメモ感想
この世界に生まれてきた息子へ、「知っておいたほうがいい」と作者が思うことをまとめた絵本。誕生から2か月で作った絵本とのことですが、迎えた喜び、不安なく道を歩んでほしいという愛情が伝わってきます。
読了日:01月08日 著者:オリヴァー ジェファーズ
セント・キルダの子セント・キルダの子感想
「版画の技法を用いて手作業で制作した」という絵がとても美しい。スコットランドの西にあるセント・キルダ諸島は、荒れた海に強風が吹くため、イギリス本土との行き来が容易ではなかった。島は孤立するが、島民は協力しあい工夫もして生活していた。1930年、島の医療について考えるできごとがあり、全島民36人が島を離れることにする。島で息づいていた文化が終わった。2017年のスケッチブックがおもしろい。命がけの「恋人岩」など。
読了日:01月08日 著者:ベス・ウォーターズ
【第163回 直木賞受賞作】少年と犬【第163回 直木賞受賞作】少年と犬感想
多聞、なんて賢い犬。コンビニの駐車場にいる冒頭から心をつかまれ一気読み。犬に見つめられると放っておけない人たちの気持ちがわかる!
読了日:01月08日 著者:馳 星周

読書メーター

| | コメント (0)

«関空へ