スター・ウォーズとシェイクシャック

8月4日(土)の日記。ずいぶん前にチケットをとっていたスター・ウォーズ in コンサートへ。
まず阪神百貨店にできたシェイクシャックに寄り道。2008年出版の拙訳書『おもてなしの天才 ニューヨークの風雲児が実践する成功のレシピ』に出てきた店なんです。著者のダニー・マイヤーさんはアメリカの人気レストランをいくつも経営しています。シェイク・シャックはこんな感じで登場(写真はタップすると拡大します)。
3
すごくおいしそう……と訳しながら思ったものでした。あれから10年(いつのまに!)、今年の6月にシェイクシャックが関西初出店しました。ついに食べることができました。おいしかったです! 値段は高めですけどね。また、ダニー・マイヤーさんのおもてなし精神が関西のスタッフにもいきわたっているのかなと思うようなこともあり……(いや、知らんけど。たぶんやで。訳者目線でバイアスかかってるかもだけど)。味も対応も満足しました。シャックバーガーと、マンゴーレモネード、フローズンカスタード。
1
2

そして、いざ、フェスティバルホールの「スター・ウォーズ in コンサート」へ。6時開演です。
Swinconcert
東京では3作品一挙上映のコンサートもあったみたいですが(すごい!)、大阪のこの日はエピソード4「新たなる希望」でした。大スクリーンで、いちばん好きなエピを見られるうえに、オケの生演奏って、ぜいたく! 冒頭、タイトル文字が出てくるところの「ばーん」の音から始まると勝手に想像していましたが、違いました。20世紀FOXのファンファーレから生演奏だったわ(笑)。これでハートをやられました。そして、もちろん、タイトルのばーんですね。オーケストラ、かっこいい。映画のほうも、こんな大スクリーンで見たのははじめてだったので、ルークのおばさんが料理する材料がなんだろう(野菜っぽい)とか思うほど、こまかいところがよく見えました。そして、拙訳『レイア・オーガナ オルデラーンの王女』からつながる話でもあり、いろいろ感じることがありました。タンティヴ4にアンティリーズ船長と乗っていたんだよなあとか、オルデラーンの運命やら、あれやこれやと(まあ、ローグ・ワンもここにつながってくるわけだけど、思い入れ度がちがってすみません)。

すっかり楽しんで満足し、フェスティバルホールから出たところで、淀川花火が見えました。ビルのあいだから。あわてて写真をとったけど、花火の写真は難しいわね。こんな写真になってしまった。肉眼ではきれいに見えました。
201808
今回ごいっしょしたのが、両方の本で翻訳協力してもらった友人。本の濃い話もできておもしろかったです。ありがとうございました。

| | コメント (2)

奈良へ行ってきました

奈良の実家へ行ってきました。数か月ごとに、母のようすを見にいってます。
今回は大学が休みだった息子も連れていきましたよ。
母はまあ、年相応に元気にやってました。
実家の近所に長屋王の邸宅跡があります。そこには奈良そごうがあったのですが、閉店し、イトーヨーカドーができ、また閉店しました。それが今年、「ミ・ナーラ」とかいう名称で息を吹き返したというので、ぶらぶらのぞきに行ってきました。お店が入ってないスペースが多くて、休憩場所がたくさんあるわりに、お客さんが少ないという……なかなかビミョーな状況でしたわ、正直。

でもまあ、せっかくなので、金魚ミュージアムに入りましたよ。
複数のアーティストが金魚を生かしたアートを楽しめます。
1
よくわからないかもしれないけど、ここに金魚がいます。
2
3

お昼ごはんはフードコートで。息子は「炙り肉重ステーキ重 明尚苑」で、わたしは「はなまるうどん」。キャパトルというパン屋さんで、丸太パン(あずき)、平宗の柿の葉寿司をおみやげに買ってかえりました。どっちもおいしかった!

車で片道1時間半ほどですが、まあ、また母のようすを見にいこうと思います。


| | コメント (0)

7月に読んだ本

7月に読んだ本です。

7月の読書メーター
読んだ本の数:5
読んだページ数:630
ナイス数:14

ふたごのカウボーイふたごのカウボーイ
読了日:07月24日 著者:フローレンス・スロボドキン
ゆうかんなねこ?くろすけゆうかんなねこ?くろすけ
読了日:07月24日 著者:エド・ヴィアー
一〇五度一〇五度感想
イスを見る目が変わる。とてもおもしろかった。
読了日:07月20日 著者:佐藤 まどか
きみ、なにがすき?きみ、なにがすき?
読了日:07月19日 著者:はせがわさとみ
救助犬エリーの物語 (ブルーバトンブックス)救助犬エリーの物語 (ブルーバトンブックス)感想
犬はどの犬も最強だけど、救助犬エリーは最最強。〈シゴト〉が大好きで、〈イイコ〉とほめられるのが大好き。エリーが生まれたところから読んでいくので、成長ぶり、がんばりぶりに胸が熱くなります。犬の信頼にこたえられる人間になりたい。(ちなみに、猫も3びき出てきます)
読了日:07月13日 著者:W.ブルース キャメロン

読書メーター

| | コメント (0)

7月に観た映画

7月が終わってしまった。
7月に観た映画は3本。

『ダンケルク』(2017年製作の映画)
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』(2018年製作の映画)
『ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜』(2017年製作の映画)

| | コメント (0)

映画『ハン・ソロ』

やっと『ハン・ソロ』を観てきました。公開日は6月29日だったのに、観にいったのは7月21日。なぜ、ぐずぐずしていたのか。主役のハン・ソロがハリソン・フォードじゃないからですよっ!(あきらめが悪い)
Photo
字幕版は夜9時台の上映しかなく、それだと終わるのは11時すぎになるので、あきらめて吹替版を観ました。

フォースがないスター・ウォーズ映画です。これまでフォースが使える人がごろごろ出てくるものばかり見てきたけれど、あらためて、あの人たちは特殊だったのではないかと思えてきます。

ハン・ソロがまだソロという苗字ではなく(なんだったんだ?)、出身の惑星コレリアにいるところから物語は始まります……
わたしとしてはいちばんの見どころはチューバッカと出会い、親交を深めていくところ。もうね、映画のタイトルは『チューバッカ』にしてもよかったんじゃないかと思う……。
主役のハン・ソロ(オールデン・エアエンライク)にちっともときめかなかった。
でも、ミレニアム・ファルコンが登場したら、ちょっと涙ぐみ、「船を出せ、ハン」のセリフにもちょっと涙ぐみ、なんだかんだあって、操縦席にハンとチューイがならんですわったら、また熱くこみあげるものがありました。
ドロイドの解放をうったえるドロイド、L3がとてもよかった。ネタバレを避けてくわしくは書きませんが、ミレニアム・ファルコンはランドに返してあげたほうがいいんじゃないのって思った。(その後も会うたびに、俺の船だって言い合っているランドとハンですが)

サイコロ……3年前に出たハン・ソロの本のなかに出てきてました。今ごろ伏線回収されてひそかにびっくりしてます。

あと、恋人のキーラ。すごい美人さんでしたね。コレリアでの離別からなにがあった…といろいろ想像してしまいますが……最後にえーっとびっくりさせられて終わるという。

字幕版で見ていたら、もっと、ハン・ソロにときめいたのでしょうか。
8月16日には公開終了というニュースが出ていました。字幕版は、WOWOWで放送してくれるのを待ちます。

| | コメント (4)

«歌祭り2018