7月に読んだ本

7月の読書メーター
読んだ本の数:2
読んだページ数:590
ナイス数:18

その年、わたしは嘘をおぼえたその年、わたしは嘘をおぼえた感想
読了。1943年、アメリカの片田舎。11歳のアナベルは家族と平穏に暮らしていた。ところが、14歳の黒い心をもつベティが引っ越してきてから、アナベルの毎日に影がさす。世界戦争の影響もあった。先の戦争を経験してこの村にすみついた放浪者トビー、ドイツ系の村人アンセルさんもかかわり、事態はどんどん恐ろしく、困ったことになっていく。アナベルがまわりに惑わされることなく、自分の考えを信じて、行動する姿がまぶしい。それにしても、ベティの黒さに、読後も胸がざわつく……。
読了日:07月25日 著者:ローレン ウォーク
ジュリアが糸をつむいだ日 (児童書)ジュリアが糸をつむいだ日 (児童書)感想
「郵便日記」で大笑いして、心をつかまれました(本筋とは関係ないのですが)。韓国系アメリカ人のジュリアの視点で、まっすぐ素直なことばで、親友パトリックとのあれこれはもちろん、カイコの生態(かなりくわしく)、人種差別、循環型の農業などが描かれています。知らないのに決めつけていることを考えるきっかけになる、とてもいい本でした。
読了日:07月01日 著者:リンダ・スー パーク

読書メーター

| | コメント (0)

7月に観た映画

7月に観た映画です。今月は観たいとずっと思っていた映画をたくさん観られてよかった。

『万引き家族』(2018年製作)

見てよかったです。正論だけでは善悪を決められないもやもやが、頭のなかでうずまきます。

『スパイダーマン:ホームカミング』(2017年製作)

観ました。おもしろかった! マイケル・キートンって、バードマンなんですよね……と思うと、なんか口元がゆるむ。ポッツ(グウィネス・パルトロウ)も出てきてうれしい。

『LOVE, サイモン 17歳の告白』(2018年製作)

原作本が好きで、映画も観たいなと思っていて、ようやくかないました。本のほうが恋していくメールのやりとりなど、詳しくて、きゅんきゅんくるけど、映画も楽しかった。

『Diner ダイナー』(2019年製作)

劇場へ観に行った日の日記を参照。スフレが食べたくなる。

『オーシャンズ13』(2007年製作)

オーシャンズ8と勘違いして見はじめましたが、この13も未見でした。モロイ兄弟(ケイシー・アフレックとスコット・カーン)がメキシコのダイス工場に潜入するエピソード、好き。思わず劣悪な労働環境に激怒して(もともとの労働者たちはそうでもなかったのに)、本来の目的そっちのけで抗議運動を始めちゃうの。

『オーシャンズ8』(2017年製作)

サンドラ・ブロック、ケイト・ブランシェット、アン・ハサウェイ、ヘレナ・ボナム・カーター……ゴージャズで、手口があざやかで、小気味いい。オーシャンズを2本観て、エンタメ映画好きだと自認しました。

| | コメント (0)

ブルーベリー・エンチラーダ

メールマガジン『月刊児童文学翻訳』7月号「お菓子の旅」で、訳書『星を見あげたふたりの夏』に登場するブルーベリー・エンチラーダをとりあげてくださいました。とてもいい記事ですので、ぜひ読んでください→http://www.yamaneko.org/mgzn/dtp/2019/07.htm#okashi

こちらのレシピを参考にして、わたしもつくってみました。お菓子づくりなんて、何年ぶりでしょう。でも、食べてみたいじゃない。

フィリングです。ブルーベリーはカナダ産の大粒の冷凍を買ってきました。「お菓子の旅」のレシピどおりにしたら、スパイスがきいておいしい!

Bb-2

トルティーヤをじょうずにできる自信がなかったので、カ○ディで冷凍のを買ってきました。冷蔵で解凍し、ラップをしてレンジで1枚10秒くらいあたためてから、フィリングをまきました。うーん。フィリングの量が多すぎて、はみだしてしまう。巻き方も雑でした。おまけに、オーブンの予熱のあと、焼き時間を設定する方法を間違いました。昨年買いかえた電子レンジのオーブン機能を使うの、はじめてだったんです。焼きすぎて、かたかった。失敗です。具はたっぷりなので、まあおいしかったですけれどね。

Bb3

フィリングもトルティーヤも残っていたので、再度チャレンジ。1枚に入れるフィリングの量を減らし、巻き作業を丁寧にしました。オーブンの使い方がわかったので、正しい時間設定にし、ちょうどいい焼き色になりました。これ、成功よね。トルティーヤがやわらかい。ブルーベリーのごろごろ感があって、おいしかったです。

Bb-4

ブルーベリーのフィリングだけでもまたつくりたい。ヨーグルトに入れて食べてもおいしそう。夏にぴったりの本です。よろしくどうぞ。

Bb

| | コメント (4)

かわばた

またローカルなんですが……日本料理のかわばたというお店でランチを食べてきました。

こちら、1800円で、味も量も満足のランチを出しておられます。

1_20190726131601

2_20190726131701

3_20190726131701

コーヒーとデザート(桃プリン)は別料金です。

かつてのピアノ友だちさんと3人で行ってきました。この3人で、最近、数か月おきにランチに行ってます。今回もおいしかったー。かわばたさん、メニューは月がわりとのことなので、また違う季節に行ってみたいです。

| | コメント (0)

空堀商店街

社宅時代の友人3人で出かけてきました。ほぼ毎年、人間ドックにいっしょに行き、終わってからおいしいランチを食べるのを楽しみにしていた3人です。諸事情あって、3人で人間ドックに行くのはもうやめ、今回はただ顔を合わせる目的で集まりました。じつは2年ぶり。

なんとなく、空堀商店街に行こうということだけ決め、あとはノープラン。

大阪駅に着いたら、ホームにトワイライトエクスプレス瑞風(山陰線経由、大阪から下関行き)がとまっているではありませんか。かっこいい。乗ってみたい。急に撮り鉄になるわたしたち。あと5分くらいで出発するのでと、駅にいたJRの人から瑞風フラッグをわたされました。ホームには「鉄」ぽい人だけでなく、JRのスタッフさんもたくさん集まり、瑞風フラッグをふってお見送り。毎回、あんな熱い見送りをしているの?! 大阪駅には、瑞風のお客様専用のこんなおしゃれなゲートがあるのですよ。普段は閉じています。

1_20190723181701 2_20190723181701

さて、ひとしきりもりあがったあと、地下鉄で松屋町駅へ。わたしだけ、空堀商店街、はじめてでした。万城目さんのプリンセストヨトミで予習してくればよかったなと、ちょっと思いましたが。

人気の昆布屋さん「土居」。入り口の右にある小さなかごに、おひとりさま2袋までというお得なふりかけ昆布があるのです(おすすめ)。これと、とろろ昆布も買って帰りました。

Photo_20190723182301

カフェパフでランチ。ワンプレートに多種類もられています。おなかいっぱいになりました。800円。

1_20190723182701 2_20190723182701

雑貨屋さんをのぞいたりしながらうろうろ。

たまたま通りかかった週末限定のカヌレラボというお店が、ちょうど開店時間だったようなんです。ノープランなのに、運がいい。わたしたちのあとに行列ができていました。

Photo_20190723182901

だいぶ歩いたので、喉がからからになってきました。早め早めに休憩しないと、ということで、なにやら昭和の雰囲気のある喫茶マンハッタンに入りました。古くからやってる店かと思ったら、Since 2018って書いてありました。

Photo_20190723183101

さらに雑貨屋さんを見たりしながら、帰路につきました。昔からある老舗と、おしゃれな店とがミックスしたような商店街でした。おもしろかった。

梅田で阪急百貨店により、お惣菜を買う人や、贈り物を買う人や……わたしは念願の一心堂でフルーツ大福を購入しました。季節限定のスイカ、夕張メロン、みかん。家で食べました。夕張メロンがいちばんおいしかったかな。カヌレラボのカヌレ(プレーン、抹茶、ティースノウ)は翌日に食べました。ほんとうは当日に食べたほうがおいしかったんだと思う。ノープランでいろいろうまくいった1日でしたが、これだけちょっと残念でした(一心堂をやめればよかったんだな)。

Photo_20190723183801 2_20190723183801

人間ドックはもうご一緒できないけれど、またお会いしましょうね。どうもありがとう。>おふたりへ。

 

 

 

| | コメント (2)

«歌祭り 第8小節目