いただきもの

いただきもの。いつもお気遣いありがとうございます。
むか新という、大阪泉州のお菓子屋さんだそうです。
どれもおいしかったけど、最後に食べた抹茶フィナシェが予想以上にしっとりしていておいしかったです!
Photo_4

| | コメント (0)

「おやすみ、リリー」トークイベント

4月22日(土)。
梅田の蔦屋書店で開かれた「翻訳家 越前敏弥氏が語る 翻訳ミステリー大賞・読者賞総まとめ&『おやすみ、リリー』発売記念イベント」に行ってきました。(イベントタイトル長い!)

イベントは2部構成になっており、1部は、この日、東京でおこなわれた翻訳ミステリー大賞・読者賞の授賞式の結果速報と、受賞者の生声(電話)を聞いたり、関西の読書会メンバーによる候補作のビブリオバトルを見たりしました。こういうイベントは、読みたい心を刺激されますね。読みたい本リストがまたのびた。まずはダブル受賞した『その雪と血を』(ジョー・ネスボ/鈴木恵/早川書房)を読みたい。
ビブリオバトルははじめて見たのですが、3分という時間内(ほんとは5分みたい)で、その本の魅力をどう伝えるか……これ、編集者さんの興味をひくシノプシスをいかに簡潔にまとめるかと相通じるものがありますよね。(と、ひそかに思っていました)おもしろかったです。

さて、2部は、ハーパーコリンズ社から出たばかりの『おやすみ、リリー』の紹介と裏話です。訳者の越前先生と、担当編集者さんのトーク、興味深かったです。この本はゲラ読みモニターをさせてもらい、既読。じつはいまでは、タイトルを聞いただけで、泣きそうになるんです。家で読んでいたときはもう泣きまくりで、たまたま帰宅した家族が見てびっくりしてました。モニターには製品版の完成本とかわいいティッシュボックスが送られてきました。また読んで、これで涙をふいてねということですね。もったいないから使わないけれど。写真はモニター用のサンプル本とティッシュ。完成本はいまちょっと旅に出てます(笑)。最近、読者モニターを続けてやったのですが、レビュー書きをもっと上手になりたいなと思いました。これもまた、シノプシス書きにもつながってくるわけで……。まだまだ勉強することだらけですね(何歳までひとは勉強するのだろう)。
Photo_3

さて、イベントの前に、友人ふたりとお茶をしてから行きました。
カフェ・ラ・ポーズ。期間限定で、クレヨンしんちゃんとコラボしてた。
1
織田信成くんが前にブログで紹介していたふわふわのパンケーキが気になっていたのです。やっと食べられた。つきあってくれたおふたり、ありがとうございました。
2


| | コメント (0)

発熱みやげ

先週後半、オットが謎の発熱。
病院へも毎日のように行き、検査もしましたが、原因は謎のままです。
先週、台湾出張と福岡出張があり、ハードだったせいでしょうか。

でも、おみやげは買ってきてくれました。
台湾の定番みやげ、パイナップルケーキの、これはアレンジ版で、パイナップルブラウニーだそうです。
Photo

福岡のおみやげといえば、博多通りもん。これはうまい!
Photo_2

| | コメント (0)

宇宙図書館ツアー

わたしには、死ぬまでにライブに行きたいミュージシャンが何人かいます(そんなひとり、キヨシローはかなわぬまま、お亡くなりに(涙))

4月16日、長年の念願かなって、人生初のユーミンライブに行ってきました。
松任谷由実、宇宙図書館コンサートツアー!
Photo

神戸国際会館です。
大阪でも京都でもあるし、神戸ならチケットとれるだろうと思ったら、甘かった。3回抽選にはずれ、4回目でやっととれたのは追加で出された立ち見チケット。1階席のいちばんうしろで、手すりに並べるだけの人数分だけ追加だったみたい。わたしより後ろの番号の人は2階席のうしろで立ち見でした。ギリです。でも、いいの、見られたから。

ステージにつくられた宇宙図書館のセットがすごくおしゃれで、開演までの待ち時間、そのセットを人がうろうろしてました。そのふたりはダンサーだったとあとでわかるんだけど。不思議な空間に居合わせてる気持ちになったところで、開演です。ちょっとクラシカルな感じのスーツ姿のユーミンが図書館のなかに現れたときには、泣いてました、わたし(笑)。

ユーミン、ウィキペディアによると63歳。もうね、おしゃれで、しゅっとしてて、のりのりでダンスもしてて、チャーミング。すごく元気をもらいました。行ってよかった。わたしもがんばろうと思った。

曲は新しいアルバム『宇宙図書館』からと、なつかしい曲もいっぱい。新しい曲でも、古い曲でも泣いてた。「Smile for me」という曲は、WOWOW特番によると(予習していったよ)、最近スマホで「写真とりまくらちよこ」(本人がとってた)のユーミンが、老齢のお母様にもカメラを向け、とるときに「笑って」という気持ちでつくった曲らしいのです。それを知ってたから、もう泣けて泣けて。古い曲では、飛行機乗りの衣装で歌う「ひこうき雲」とかね。しみたわ。あと、「リフレインが叫んでる」は大学時代を思い出して泣いた。

セットリスト
1 宇宙図書館
2 あなたに会う旅
3 影になって
4 AVALON
5 BABYLON
6 夢の中で〜We are not alone, forever
7 ひこうき雲
8 Midnight Scarecrow
9 リフレインが叫んでる
10 月までひとっ飛び
11 ルージュの伝言
12 何もきかないで
13 Smile for me
14 残火
15 満月のフォーチュン
16 破れた恋の繕し方教えます
17 真夏の夜の夢
18 ダンスのように抱き寄せたい
19 気づかず過ぎた初恋
20 GREY

アンコール #1
21 星になったふたり
22 メドレー(DANG DANG〜14番目の月〜守ってあげたい〜埠頭を渡る風〜真珠のピアス〜オールマイティ〜春よ、来い〜カンナ8号線〜DESTINY)

アンコール #2
23 タワー・サイド・メモリー

最後の「タワー・サイド・メモリー」は神戸がテーマの曲なんですよね。これでしめるって、さすが、イキですな。会場みんなで「KOBE GIRL」の合唱です。

この宇宙図書館のツアーは、自己最長、最多本数のツアーだそうで、そんな記録をいま打ち立てるって、これで最後のつもり?!と一瞬思ったけど、ぜんぜんそんなことはなかったです。今後もできるだけここ(ステージ)に立てるように努めますって、みんなも元気でいてねって、いってました。また行きたい。

さしあたり、このツアーの最後、8月にもう一度大阪フェスティバルホールに来るから、ダメ元でチケットとりにトライしようかと思っています。当たれ〜。できれば、椅子のあるチケットでお願いします。

| | コメント (2)

今年の桜は長持ちですね。
特別、お花見には出かけていませんが、いつもの散歩コースの桜を楽しんでいます。

犬と桜を写真におさめるのは難しい。
2017_1
うーん。
2017_2
うーーん。
2017_3
これがいちばんよい写真。

| | コメント (0)

«ご報告。